7月30日に日本の千葉県の幕張メッセで開催されるWonFestは、世界最大の一日中のフィギュア、その有能なクリエイター、そして情熱的なコレクターです。 東京湾沿いに広がるコンベンションセンターでは、何百ものベンダー展示、見事な公演、クリエイターインタビュー、人気アニメ、コミック、SF、ビデオゲームのキャラクターの限定版フィギュアが開催されています。 大手コレクター企業は、最近小売店が出店している数字や商品を紹介するために、ブティックの小売店や独立系の職人の間で集まります。

Figuramaブースに大勢の観客を集め、エリートの独占像、 Devilman vs. Amonは、24時間以内に予約注文の75%以上を売却しました。 祭りに続いて、熱心な顧客は200人の数字の残りの限られたランをすくい上げ、若い会社の売り上げ高を設定しました。

Caleb Nefzenによって巧妙に彫刻された「Amon:The Devilmanの黙示録」は、身長60センチほどの1:4の縮尺の数字です。コロンビアのボゴタ出身の3Dキャラクターアーティストは、彼の精神悪魔アモンとの壮大な最終対決に直面しているとき、絶妙に愛されている日本のキャラクター、デビルマンの内面の闘争をとらえます。 日本の巨匠画家八木和昭は、波打つ筋肉から目の中の眩しい輝きまで、細部にまで細心の注意を払って姿を現しています。

私たちの彫刻のデビューに対する多くのあくまでもな反応は私たちが予想していたことを超えていました、WonFestの常連客は非常に批判的な芸術的な目を持っています。 私たちは、パートナーシップを結ぶことへの関心を表明するために多くのライセンサーに立ち寄ってもらい、これらの潜在的なパートナーシップを模索することに興奮しています。

祭りの観客はまた、 Ragnarok Thorのゾンビ化バージョンの独特な描写に魅了されました。 現代のWalter Simonsonコミックに触発された、Thor Elite Dioramaは、世界の自然な秩序を取り戻そうと努力し続けているポスト黙示録的な英雄を描いています。 強大なバイキングの神は、Trigun:Vashの紹介による発表にしか照らされていませんでした。 カメラフラッシュの絶え間ない流れは威勢のいい日本人の反逆者の先見の明のプロトタイプを捕らえました。 55センチの高さにある1:4スケールの彫像は、カルトヒーローのいたずら好きな、ろうそくの性質を捉えた動的な芸術作品です。

祭りのハイライトのひとつは、Figuramaブースに立ち寄ったTrigun作家のNaito氏がデザインを高く評価したことで、9月までにVash the Stampedeの最終塗装版が完成すると発表しました。予約注文

Figurama Collectorsは、人気のアニメや漫画からの古典的なファンのお気に入りのキャラクターやストーリーを不死化することを専門としています。 Figurama Collectorsと協力して働く才能のあるチームは、それぞれの彫像を手で彫刻して描きます。 数字は高級ポリストーンとPU素材から作られています。 Dynamic Planning Inc.とFlying Dog Japanとのライセンス契約は、他には見られないユニークな作品を生み出しました。

Leave A Comment

Close

Cart

No products in the cart.